浅草のホテルならここにすべき

ビジネスホテルの価値は利用者が決める

ビジネスホテルといえば、以前は狭くはありますが、機能的で利便性が高く合理的で、なんといっても低価格が売り物でした。

飲食をする施設を持たず、「眠り」を追求した宿泊に特化していたところがほとんどだったのです。 しかし、2000年頃から宿泊料金が1~3割高くなってもプラスアルファの設備やサービスが、利用者側からビジネスホテルに求められるようになってきました。いわゆる付加価値型のホテルです。たとえば深夜までいつでも利用できる天然温泉の大浴場があり、そこにはマッサージチェアが置いてあり、宿泊者の一日の疲れをほぐすことができます。

ベッドもグレイドアップして良質な睡眠を得られるように、また室内のデザインや壁紙あるいは照明などにも宿泊者が満足できるような配慮がいたるところにしてあるのです。今となってはネット回線が接続ができるのは当たり前のことになっています。朝食を用意するところもでてきました。

パンとコーヒーの簡単なものから、今ではブッフェスタイルで宿泊者の健康を意識した豊富な内容のメニューになってきています。地産地消で地域の農家と新鮮な野菜を毎朝届けてくれるような提携をむすんでいるところもあります。その朝食を無料で提供するところもあれば、食事内容にさらに付加価値をつけ料金をいただくとろもあります。 ビジネスホテルの利用客がこれから先どこまでサービス内容を要求するのか、ホテル側は常に宿泊者目線で取り組んでいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *