浅草のホテルならここにすべき

旅行関連観光で和風の浅草のホテル

昭和の時代は日常生活の中に日本らしさがあったのですが、近年の進化はめざましい速度で近代的な洋風な生活に変りつつあります。

日本の良き時代を知らない世代が増えている中、外国人の方は日本的な暮らしや生活に興味を持ち日本を訪れるようになり、その影響もあり日本人も古き日本の姿を懐かしんだり知りたいと感じる方が多くなってきています。

近代ビルが立ち並ぶ都心から電車に揺られて少し進むと、まるでタイムスリップしたような風景を浅草で見る事ができます。情緒豊かな日本文化が生き残る町には、現在多くの方が訪れて楽しんでいます。浅草寺や雷門など多くのスポットがあり、それを全て見て回るのは無理です。旅行関連の観光に便利な浅草のホテルを選びますが、浅草にくる日本人も外国人も日常生活が洋風のためホテルもほとんどが洋風です。

しかしせっかく浅草という町の中で寝泊まり出来る機会を持ったのだから、浅草らしい宿に宿泊すればよりいっそう旅を楽しむことが出来ます。旅行関連の観光でおすすめの浅草のホテルは、助六の宿貞千代です。名前からして時代劇に出てきそうですが、都営浅草線浅草駅下車徒歩10分という好立地な場所にあり江戸浅草の雰囲気を満喫できる宿です。

部屋は和室で骨董などが置かれていたり木の香ただよう総檜風呂があり、古き良き日本の情緒を感じる事が出来ます。料理は時代劇に出てくるような江戸町衆料理を堪能する事ができタイムスリップしたような感覚を味わう事が出来ます。旅行関連観光するなら浅草のホテル助六の宿貞千代を拠点にして人力車や徒歩で出かけてみる事をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *