浅草のホテルならここにすべき

上手な観光写真の撮り方

観光地に行くと多くの人がカメラを持っています。

従来の写真機をぶら下げている人だけでなく、最近では携帯電話やスマートフォンに付属のカメラでも、コンパクトデジカメに匹敵、もしくはそれを凌駕する性能を持ったものもあり、そのようなデバイスまで含めると、観光地でカメラを持っていない人を探す方が難しいでしょう。しかしせっかくの思い出として残す観光地での撮影です。いざ見てみると不満だらけだったり、大事なものがうまく写っていなかったりといったことを避けるために、いくつかの注意点を頭に入れておきましょう。

一つは人物の全身を入れることにこだわらないことです。名所をバックにした撮影の場合、背景とのバランスを考え、腰から上、あるいは胸から上といった構図も考えてみましょう。また顔の表情を撮ろうとすると背景が白飛びしてしまい、逆だと顔が黒くつぶれてしまうときは、昼間でもストロボ(フラッシュ)の出番です。背景の明るさに合わせて、顔が黒くつぶれてしまう状況で光らせることにより、バランスの取れた撮影が可能になります。

カメラのズーム機能にこだわらずに、積極的に動き回って最適な構図が得られるポイントを探すのも大事です。このことにより、思ってもみなかった構図が見つかる場合もあります。その他にも正面を向いた記念撮影だけでなく、同行者のちょっとした動きや表情などを捉えるスナップ写真も、後日思い出を語り合う上での魅力的な材料となります。そしてなにより大事なのは数を撮ることです。特にデジカメの場合は現像料金を気にする必要がないので、予備の電池と大容量のメディアを持って、無意識に、呼吸するようにシャッターボタンを押し続けることが良い観光写真を撮る一番の秘訣であるといえます。
浅草のスカイツリーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *