浅草のホテルならここにすべき

県内の隅々に観光名所がある栃木

北関東地域となる栃木県には、全国的に有名な観光名所が数多くあります。

北部の日光地域には、東照宮や日光連山などがあります。日光の社寺は世界遺産に登録され、国内外から多くの観光客を迎え入れています。東照宮は徳川家康を祀る神社であり、絢爛豪華な社殿の造形美が見事です。日光の名前の由来でもある男体山は円錐型の火山で、中禅寺湖との景観の美しさで人気があります。紅葉の時期になると、中禅寺湖の周辺は特に賑やかになります。

日光地域の東側にある那須地域は、雄大な那須連山や那珂川の清流で有名な観光名所です。広大な敷地を有する那須高原では、牧場体験も楽しむことができます。那須地域はリゾート地としての開発が盛んで、温泉地が沢山あることも特徴です。那須地域には道の駅が多いため、ドライブの観光名所としての知名度もあります。栃木県の中央部に位置する宇都宮市は、餃子の街としてあまりにも有名です。

餃子を食べるために宇都宮に訪れる人も多いことは周知の事実であり、全国的なグルメスポットとしての地位を築いています。宇都宮駅前にある餃子像は街のシンボルで、撮影名所の一つとしても定着しています。栃木の県南地域を代表する観光都市は足利市です。文字通りで足利将軍家ゆかりの地で、織姫神社や足利学校などの名所があります。足利市の中心部を渡良瀬川が流れ、石積み橋脚を有する渡良瀬橋が架かっています。渡良瀬川の河畔で開催される足利花火大会は、栃木県内で最も古い歴史を持つ花火大会です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *