浅草のホテルならここにすべき

浅草観光に訪れたらきびだんごを食べよう

昔はなしで登場するきびだんごを、一回でいいからどんなものなのか食べてみたいと子供の頃に一度は思ったこともある人は、結構いるのではないでしょうか。

黍をまぶしたおだんごだと、味に癖がありそうです。でも、浅草で江戸時代から作られてきたものは、きな粉をお餅にまぶしたおだんごのことをきびだんごと呼んでいます。できたてのおだんごは柔くておいしいので、これならこどもからお年寄りまで食べやすく、浅草観光をしながら食べ歩きもしやすいです。量も多すぎないですし、控えめな甘さなので食べやすい和スイーツとなっています。

浅草では、江戸時代のことからきびだんごの実演販売を行ってきました。当時の実演販売を再現したものは今でも見ることができるので、興味がある人は観光がてら行ってみてはいかがでしょうか。意気な雰囲気の江戸っ子という感じのお兄さんや、江戸の下町娘といった風情の女性達が迎えてくれます。浅草で販売されているきびだんごは、テイクアウトすることもできます。せっかくだからお土産に持ち帰りたいという人にはちょうどいいサービスです。

食べ歩きをする人は、きびだんご以外にのどを潤す飲み物も欲しくなるのではないでしょうか。その点に関しても、お店はちゃんとフォローしています。夏の暑い季節はさっぱりした冷たいグリーンティーなどが提供されています。冬場は飲む点滴として評価の高い甘酒などが振る舞われるので、これなら外にずっといても快適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *