脱毛後に汗の量が増えたという声を耳にしたことはありませんか。

以前はそれほど気にならなかったのに、施術を受けたあと、急に、脇の下に目立つほど汗をかくようになったという体験談は多くあります。この、脱毛と多汗症の関係はまだ明確には解明されていません。

現在考えられている説には、以下のようなものがあります。

脱毛のことならこちらを参照!

まず、精神的なもの。


ムダ毛を処理したことで意識が脇の下に向けられるようになったため、ある種の緊張から発汗するという説です。確かに脇の下の汗は精神的緊張とつながっていますが、しかし、むしろ処理が不充分でムダ毛が残っている方が脇の下が気になって汗をかくように思われます。

少し疑問の残る説です。


二つ目は、汗が蒸発しづらくなったために量が増えたように感じるという説。

毛があったときは毛に付着することでスムーズに蒸発していた汗が、肌を直接流れるようになり、増えたように感じるというのですが、多汗に悩んでいる方の多くは、クリームやカミソリなどで処理していたときは何でもなかったのに、レーザーやニードルなど、脱毛効果の高い処理をしたら、汗が気になるようになったと述べており、これも矛盾があるようです。
最後は、脱毛処理の際に汗腺が刺激されたのが原因ではないかという説です。



レーザーやニードルはムダ毛の毛根部分に熱を加えてダメージを与える方法です。

毛穴の近くには汗腺があるため、定期的に熱を受けることで活性化してしまい、発汗が盛んになると考えられています。

熱を利用した脱毛で毛の再生組織がかえって活性化され、毛が太くなるという現象も確かにありますから、今のところはこれがもっとも有力であるように思われます。
多汗で困っている方は、皮膚科で治療を受けることができます。簡単なものでは塗り薬、注射や飲み薬などいくつか治療法がありますから、一度相談してみるとよいでしょう。